FAとは

プロ野球では選手がFA宣言をすると非常に高い関心を持って世の中に報道されますが、製造業でもFAという言葉が使われます。プロ野球でのFAは正式にはFA宣言(Free Agent Declaration)なのですが、製造業ではFAを工場の自動化(Factory Automation)の略称として使用されています。FAとは工場などの生産工程にロボットを導入することで自動化をはかり、最終的には全生産工程の自動化を目的とするシステムのことを指します。

FA化することのメリットとデメリットについて以下に記載します。

 <メリット>
  ・作業員の安全性向上
  ・24時間稼働による生産性向上
  ・作業ミスの減少による品質向上
  ・人件費の削減

 <デメリット>
  ・初期のシステム導入コスト増
  ・システム導入の長期間化
  ・熟練作業員の減少
  ・雇用喪失

FA化することでメリットの方が多く感じるのですが、デメリットも多いためシステムの導入については各工場毎で柔軟な対応が行われています。

自動車製造など高品質を必要としていたり、石油精製や金属加工など人命の危険制が高い作業にはFA化が進められています。

一般の製造工場では、ロボットと作業員との共存により柔軟な生産対応をしているところが多いのが現状です。

将来的には作業員が不足してくることが予想されるために、現状で作業員が作業している部分に細かい作業を行えるロボットが入ってくることが予想されます。実際に大きな工場では作業員が荷物などを運搬する部分に無人の搬送車のようなロボットが活躍している工場もでてきています。

ネットワークの進化によりFA化がもっと身近な存在になってくるかと思います。プロ野球のFA宣言と同様に注目してみてはいかがでしょうか。

2018/02/06