スマートファクトリーとは

スマートファクトリー(Smart Factory)とは、名前の通り「賢い工場」を作るための取組を表すための総称です。元々はドイツ政府が提唱しているインダストリー4.0という製造業のデジタル化を目指す国家プロジェクトから始まっています。

製造業界には以前よりFA(Factory Automation)という言葉があり、スマートファクトリーと何が違うのかと思われる方も多いかと思います。FAとは人が行う作業を機械に変わり自動化することで作業の効率化・生産性と品質の向上・作業員の安全性向上を目指しています。
※詳細は技術解説情報「FAとは」を参照してください。

スマートファクトリーが目指すところは、工場にある各種機械やセンサーなどをネットワークに繋ぐことで機械の故障情報や製品の不具合率など様々なデータ管理を行います。その蓄積されたデータから分析を行い、分析結果から機械の故障を予測したり、製品不具合が発生しないように改良したりなど工場全体を最適化することを目指しています。最適化された工場では、最低限の人員で無理なく工場内を管理することができるようになります。

世の中には近代的な工場などがすでに動き出しています。
スマートファクトリーの内容は日々進化を続けていますので、今後も注目してみると面白いかと思います。

2018/2/19