その他 LinuxFAボード (LF01)

印刷用表示
写真:LinuxFAボード(LF01) 組み込みLinuxボード

インターフェース

1: 電源コネクタ  2: 設定用ディップスイッチ  3: 状態表示LED(LD12~LD15)  
4: 状態表示LED(LD8~LD11)  5: 状態表示LED(LD1~LD7)  6: 設定用ジャンパー  7: LANポート  
8: 拡張コネクタ(CN2)  9: 拡張コネクタ(CN1)

 「Linux FAボード(LF01)」は、絶縁型デジタルI/Oを搭載したLinuxボードです。
 OSとしてLinuxを採用することにより、お客様が自由にソフトウェアを変更・追加することが可能になりました。簡単な設定のみでWebブラウザやSNMPマネージャーでの監視・制御、メールによる状態通報が利用できます。
 オープンソースですので全てのソースが公開されています。開発環境も同梱していますのでご自由にお使いください。

接続例

接続例図: 組み込みLinuxボード使用例

特長

  1. FA用途向け、耐環境、耐ノイズ
  2. I/O監視ソフト、開発環境同梱
  3. 拡張バス
  4. デジタル入出力各4点
  5. RS-232C、RS-485
  6. 通信の暗号化に対応
  7. HTTPサーバー
  8. SNMPエージェント
  9. メール通報
  10. syslog
  11. NTP
  12. telnet、FTP
  13. RoHS指令対応

用途

接点監視制御ボード

HTTPサーバー、SNMPエージェント、メール通報、syslogと連動したI/O監視・制御アプリケーションがLinux上で動作していますので、そのまま接点監視システムとしてご利用いただけます。
また、RS-232C、RS-485、拡張バスを実装しておりますので、あらゆるシステムの基本ボード(CPUボード)としても使用できます。

FA用途向け

FA用途向け汎用Linuxボードとして、24時間、365日稼働の、高性能、高信頼性のあるボードです。そのボードに開発環境からソースまで全て付属しておりますので、お客様によるソフトウェアのカスタマイズも容易です。
アプリケーションを改造・作成することにより、イーサネット・シリアル・デジタルI/Oなど全てのインターフェースをお客様で自由に操作することができます。

仕様

ソフトウェア構成

ブートローダ:sh-ipl+g 0.9
OS Linux kernel:2.6.22.14
ライブラリ:glibc 2.4/zlib 1.2.3/openssl 0.9.8e
telnetサーバ機能/syslog機能/スケジューラ機能:busybox 1.7.1
FTPサーバ機能:vsftpd 2.0.5
Webサーバ機能:mini_httpd 1.19
メール送信機能:ssmtp 2.61-11.1
SNMPエージェント機能:net-snmp 5.4.1
NTPクライアント機能:ntpdate 4.2.4p4
セキュアシェル機能:openssh 4.6p1
スクリプト言語:microperl 5.8.9

CPU

SH3 SH7712 180MHz

メモリ

FLASH 64Mbyte
SDRAM 64Mbyte

イーサネット

インターフェース:CSMA/CD(IEEE802.3)
コネクタ:RJ-45,60ピン拡張コネクタ(CN2)
データ伝送速度:10/100Mbps 自動認識

RS-232C

規格:TIA/EIA-232準拠
最大伝送速度:115.2kbps
コネクタ:60ピン拡張コネクタ(CN2)

RS-485

規格:TIA/EIA-485準拠
最大伝送速度:115.2kbps
コネクタ:60ピン拡張コネクタ(CN2)

デジタル入力

インターフェース:外部接点入力
特性:DC5V 最大2mA
点数:4点
コネクタ:60ピン拡張コネクタ(CN2)

デジタル出力

インターフェース:オープンドレイン出力
特性:DC5V 最大5mA
点数:4点
コネクタ:60ピン拡張コネクタ(CN2)

その他

拡張システムバス(データバス幅16bit)
RTC搭載(バックアップ)

電源

DC4.5~9V

消費電力

6W(MAX)

外形寸法

112(W)×70(D)×15.6(H)mm (突起物含まず)

動作環境

0℃~50℃ (結露しないこと)

質量

約60g