シリアル/イーサネット通信アダプタ シリアルdeマルチプレクサ (SM01)

印刷用表示
写真:シリアルdeマルチプレクサ(SM01) シリアル通信アダプタ

インターフェース

1: 電源表示LED  2: 動作モード設定ロータリースイッチ  3: マスタ側RS-232C送信LED  
4: マスタ側RS-232C受信LED  5: スレーブ側RS-232C送信LED  6: スレーブ側RS-232C受信LED  
7: 通信制御スイッチ  8: スレーブ側RS-232Cポート(D-SUB9ピン オス)  
9: マスタ側RS-232Cポート(D-SUB9ピン オス)  10: 電源スイッチ  11: ヒューズボックス(1A)  
12: 電源入力ジャック(AC85-240V)

FA用途向けシリアル通信アダプタ

 「シリアルdeマルチプレクサ(SM01)」は、マスタ1CH対スレーブ4CHのシリアルマルチプレクサです。1つのRS-232Cで4つのRS-232Cを持つ機器とシリアル通信することが可能です。マスタに接続されている機器からデータを受信すると、スレーブに接続されている機器へ一斉、または個別に送信を行います。

周囲湿度95%に対応
 従来よりさらに厳しい湿度95%の条件で約1,000時間にもおよぶ環境試験を実施しクリアいたしました。これにより、航空関連、船舶関連、車載・道路関連など環境に厳しいところに設置いただけます。

接続例

接続図:FA用途向けシリアルマルチプレクサ / シリアル通信アダプタ

特長

  1. 当社の産業用途向け規格である「イブネックシリーズ」に対応しており、防災・防犯や工場の管理など、停止することが許されないシステムへのシリアル通信に適しています。
    ●使用周囲温度-20℃~60℃ ●周囲湿度95%RH対応
    ●VCCI classB準拠 各種ノイズ試験・環境試験クリア
  2. RoHS指令対応
  3. 送受信要求が不要
    マスタ-スレーブ間の送信を自動で行います。
    本機器への送受信要求を行う必要がなく、システムを簡易化できます。
  4. データが混在しない
    複数のスレーブが同時にデータを受信しても、順次マスタへ送信を行うため、データが混在することはありません。

機能

  1. マスタ-スレーブ間の自動送信
    3つの条件で対向へ自動的に送信
    ・時間  :受信間隔が指定の時間を経過すると送信
    ・バイト数:指定のバイト数を受信すると送信
    ・データ :指定のデータを受信すると送信
  2. 通信モード
    用途に合わせた通信モードを4つ搭載
    ・スルー  :マスタからの受信をスレーブへ一斉送信
    ・キャラクタ:キャラクタ通信に対応
    ・バイナリ :バイナリデータ通信に対応
    ・アスキー :ヘッダ、フッタ付きフォーマットに対応
  3. 幅広い通信速度に対応
    300bps~115.2kbps(マスタとスレーブ別々に設定可能)
    ※通信仕様に合わせたカスタマイズに対応いたします。

用途

  • 測定器のデータ収集
  • 複数台の機器を1台のモデムに接続

仕様

仕様項目

仕様内容

RS-232C

マスタ:1回線、スレーブ:4回線
通信速度:300bps~115.2kbps
コネクタ:D-SUB 9P(オス) ※DTE結線
データ長:7または 8ビット
パリティ:なし、偶数、奇数
ストップ:1または 2ビット
フロー制御:RTS/CTSまたはなし
データ形式:ASCIIまたはBinary
備考:通信ON/OFFスイッチあり ※スレーブのみ

電源電圧

AC85V~240V 50/60Hz

消費電力

15VA

外形寸法

209(W)×168(D)×58(H)mm(突起物含まず)

使用周囲温度

-20℃~60℃

保存周囲温度

-30℃~85℃

周囲湿度

20%~95%(結露しないこと)

質量

約1.4kg

条件項目

条件内容

静電気・放電試験

IEC61000-4-2 レベル3準拠

ファーストトランジェント・バースト試験

IEC61000-4-4 レベル3準拠

方形波インパルス・ノイズ試験

NECA TR-28相当 レベル3準拠

雷サージ試験

IEC61000-4-5 レベル3準拠

正弦波振動試験

JIS-C-0040準拠

耐温度性 低温・高温試験

JIS-C-0020準拠

耐温度性 温湿度サイクル試験

JIS-C-0027準拠

絶縁抵抗・絶縁耐圧試験

JIS-C-0704準拠

VCCI

ClassB準拠