電話回線疑似交換機 第3電電R2 (N4T-EXCH)

印刷用表示
写真:第3電電R2(N4T-EXCH) 電話回線擬似交換機

インターフェース

1: LCD表示器  2: 外線/内線設定スイッチ  3: 極性反転有/無設定スイッチ  
4: ダイヤル桁数設定スイッチ  5: L1回線損失設定スイッチ  6: 瞬断発生スイッチ  
7: 回線選択スイッチ  8: L1~L4回線状態表示LED  9: 電源表示LED  10: L1~L4回線  
11: 音量ボリューム  12: 電源スイッチ  13: FUSE  14: 電源入力ケーブル

第3電電R2販売終了のお知らせ

 「第3電電R2(N4T-EXCH)」は、電話回線の交換動作を疑似的に行う装置です。回線数は4回線で電話機等を4台まで接続でき同時2通話ができます。
 電話機やFAX等の試験、通信用ソフトウェアのデバッグ等に使用することができます。
 試験モードにする回線単独でも、PB信号モニタや各種の信号(DT、BT、RBT、IR信号等)を送出することができます。

接続例

接続例図:第3電電R2(N4T-EXCH) 電話回線擬似交換機

特長

  1. ダイヤル番号の全桁数表示(16桁×2行 LCD表示)
  2. 瞬断発生機能
  3. 回線損失アッテネータ(0~31dB)L1回線のみ
  4. 各種の試験信号送出(ダイヤルトーン、ビジートーン、リンガ etc.)
  5. 回線のスピーカモニタ PB信号モニタ
  6. DP/PB信号自動判別(DP10PPS/20PPS、PB)
  7. 回線極性反転 有/無 設定可能
  8. 発信動作の外線/内線 設定可能(第2ダイヤルトーン送出)
  9. ダイヤル桁数設定(1~15桁)
  10. 回線のフック状態、呼出し及び接続状態表示

機能

一般のアナログ公衆回線規格に準じた動作を行いますので、アナログ端末機器等(電話機、電話モデム、FAX、etc.)を試験する場合、公衆回線に接続することなく機器の試験を行うことができます。

  1. 被呼先掛強切タイミング (3秒)
  2. 受話器外しタイミング (25秒)
  3. 部分ダイヤルタイミング (25秒)
  4. 信号弁別タイミング (200mS)
  5. 発信側終話極性反転 (600mS)

用途

  1. 通信用ソフトウェアのデバッグ
  2. 端末機器の試験、調整等
  3. 電話機、FAX等のデモンストレーション
  4. 各種イベントの仮設電話機として
  5. パソコン通信の実習等

※本装置はNTT等の実回線との接続はできません。

仕様

電源

AC90V~AC110V 50/60Hz

消費電力

30VA(MAX)

外形寸法

260(W)×185(D)×45(H) (突起物含まず)

動作環境

5℃~40℃ 0%~80%RH (結露しないこと)

重量

約1.8kg

回線数

4回線(同時2通話可能)

回線性能

周波数帯域:300Hz~3.4kHz
通話損失:600Hz~3.4kHz 6dB以下
PB入力レベル:-30dBm~0dBm
回線電流:20mA~30mA
インターフェース:モジュラーコネクタ

信号規格

回線開放電圧:DC48V
ダイヤルトーン:400Hz 連続音 送出レベル:-20dBm
第2ダイヤルトーン:400Hz 断続音 送出レベル:-20dBm 125mS ON/125mS OFF
ビジートーン:400Hz 断続音 送出レベル:-20dBm 500mS ON/500mS OFF
リングバックトーン:400Hzを16Hzで変調 送出レベル:-20dBm 断続音 1秒ON/2秒OFF
インターリンギング:16Hz 断続音 送出レベル:AC80VrmS 1秒ON/2秒OFF

ダウンロード