製品別Q&A - 第3電電64に関するご質問

今までにお問い合わせいただいた『第3電電64』に関するQ&Aです。
対象製品 : I64-2S

はい、なります。

また逆に186を最初にダイヤルすると、たとえTAなどで発信者番号を通知しない設定にしておいても、 発信者番号を通知するようになります。

1000mまで延ばせます。

またISDN回線交換モードのときは200mまで延ばせます。

はい、できます。

NTTのCMどおり、64,64,128です。(2B+D)

電話番号は設定できません。32桁以内で下2桁固定です。×部分は任意です。

グローバル番号 ダイヤルイン番号
LINE1の電話番号 ××…×10 ××…×11 ~ ××…×18
LINE2の電話番号 ××…×20 ××…×21 ~ ××…×28

インターフェース形態はP-MPです。またレイヤ1起動種別は呼毎です。

はい、接続できます。

ダイヤルアップルーター2台をLINE1とLINE2に接続して1対1のLAN間接続ができます。 (DSUが内蔵されている場合は、ルーター側でDSU機能を無効にしてください)

通信中着信通知サービスとダイヤルインサービルをサポートしています。

フレックスホンはサポートしていません。 また基本機能では、発信者番号通知サービスは呼毎通知許可に、ユーザー間情報通知サービスは着信許可に設定されています。

はい、使えます。

第3電電64の背面にあるディップスイッチ1-1をONにすると、高速デジタル専用線モードになります。 このとき内部では、LINE1のB1とLINE2のB1が接続されます。また、LINE1のB2とLINE2のB2も接続されます。 したがって回線速度は使い方次第で、64kbps/128kbps どちらにも対応します。

いいえ、できません。

第3電電64のインターフェースはI.430基本インターフェース(S/T点)です。 U点ではありません。
イメージ的には、第3電電64の中にDSUが入っていると思ってください。 (実際には入っていません。詳しくは製品関連情報をご覧ください)