SH7709からSH7710/SH7712へSCIFを移行時の注意点

SH7709とSH7710/12のSCIFは、一見同じに見えますがよく見ると異なる部分があるので注意が必要です。以下がSH7709からSH7710/12へSCIFを移行するときの注意点です。

  1. ORER(オーバランエラー)が追加され、割り込み要因になりました。ORER割り込み要因は、RIE割り込み許可フラグでイネーブルになります。ORER割り込み要因では、BRI割り込み要求が発生します。ORERが発生したら必ずクリアしてください。クリアしないと受信動作が止まってしまいます。
    割り込み要因 ---(割り込み許可フラグ)---> 割り込み要求
    
    ------ SH7709 -----       ------ SH7710 -----
    ER   --(RIE)--> ERI       ER   --(RIE)--> ERI
    BRK  --(RIE)--> BRI       BRK  --(RIE)--> BRI
    DR   --(RIE)--> RXI       DR   --(RIE)--> RXI
    RDF  --(RIE)--> RXI       RDF  --(RIE)--> RXI
    TDFE --(TIE)--> TXI       TDFE --(TIE)--> TXI
                              ORER --(RIE)--> BRI
    
  2. 受信FIFOからデータを読み出してからFERとPERを見ていましたが順序が逆になりました。FERとPERを見てから受信FIFOからデータを読み出します。
     
  3. TENDは送信FIFOにデータを書き込むだけではクリアされなくなりました。送信FIFOにデータを書き込み、TEND=1を読んでからTENDに0を書き込んでクリアします。
     

2012/10/15