はじめてのARCNET

  1. 特徴
    ARCNETとはトークンパッシングプロトコルからなる、一定時間内に通信する権利が保証されたリアルタイムネットワークのことを言います。
    一つのARCNET端末はローカルネットワーク内でユニークなノードIDという1-255のアドレスを持っています。そのノード間でトークンというパケットをまわし、そのトークンを保有しているノードが通信する権利を持ちます。
    通信する権利を持つノードは、一定時間内にトークンを次のノードへ渡します。
    この処理により、前述の一定時間内の通信を保証しています。
    また、ARCNETではデータの送受信がネットワークレベルで保証されています。
    (但し、ブロードキャストは保証されておらず、3連送する等の対処が必要になります)

    以上、2点が現在LANのデファクトスタンダードであるETHERNETと大きく異なる点です。
     

  2. 構成
    以下はARCNETを構成する要素やその仕様です。
    • ケーブル
       RJ-11、BNC、光ケーブルなど 
    • 速度
       156.25Kbps-10Mbps 
    • トランスミッタ
       HYC4000、HYC2000、HYC9088、RS-485、TTLなど
    • ET値(ARCNET再構築時間)
       ET00-ET11

    ARCNET網内では原則として上記全てが同一でなければなりませんが、当社の「アークdeアーク」など、ARCNETハブを使用することにより、異なるARCNET網間を接続することもできます。(速度、ET値を除く)

2009/10/05

banner_arcnet.jpg
ARCNET対応製品はこちら